2017年12月13日水曜日

このお金、どう使う?

はいどーもamikuです。
本記事は川崎フロンターレAdventCalendar2017の13日目として寄稿させていただくものです。昨日は@tokainafbさんの「2017マスコット活躍まとめ」でした。個人的には優勝記念ロゴの「CHAMPIONS」の「I」の部分にひっそり隠れているカブレラの茎の部分が好きです。

アドベントカレンダーは今年2回目の寄稿になります。今回はちゃんとフロンターレのこと書きます。
前記事でも書きましたが、フロンターレはJ1で優勝しました。

個人的にはものすごく実感ないです。あの優勝を決めた試合は、バイト入りぎりぎりで優勝の一方だけ確認、愛媛在住のため優勝パレードも参加はかなわず、優勝記念グッズはクレカが無くて買えず。各種優勝記念雑誌等々はAmazonで発注したのみでした。

ということで、実感がない自分は毎年のように来年のことを語りたいと思います。


ということを決めたはよいものの、一つ思い出した言葉が。それは、

「今年(2017年)のJ1を制したチームがこの先10年の勝者になる」

という発言。
元ネタを探しましたが、一切見つかりませんでした。自分の記憶が正しければ、鹿島の強化担当者の発言として取り上げられていた記憶があります。間違っていたら申し訳ございません。

もちろん、今年から増額された優勝賞金や理念強化金などのことを踏まえてのことであることは言うまでもありません。そして、その大事な大事なお金をフロンターレが手にしてしまいました。
フロンターレの今オフの動向は国内外のチームが気にしていることでしょう。実際、優勝直後の記事では国内外の代理人から売り込みが来ていること、ビッグネーム獲得の可能性があることなどが(おそらく飛ばし記事でしょうが)報じられています。
ただし、番記者の江藤氏のツイートではフロンターレは今回のしょうきんを元手にマネーゲームをする気はないとのこと。そして見えてきたしょうきんの使い道は食堂建設とのこと。いいですね。

フロンターレ強化部の口が堅いのはいつものこととして、今年のオフがどうなるのか、注目しています。恐らく今オフのフロンターレの動向がひょっとしたらJリーグの運命をも左右しかねないからです。

ただ、飛ばし記事には気を付けましょう(笑)



川崎フロンターレAdventCalendar2017の明日の担当は@frclsupさんの「変わらずゴミを拾った1年でしたがその中のちょっとした変化を感謝を込めてお伝えしたいです」というエントリーです。

年内には総括記事なども出せるようにしたいです。
アドベントカレンダーへの寄稿は今回で終了です。計2回、お読みいただきありがとうございました。